商標登録で弁理士が代行してくれること

商標登録は、自分が今後経営や事業を続けていく上で自分の利益や商品への信頼を守るために大事なことです。
しかし、これを個人で行おうとすると手間も時間もかかってしょうがないので、基本は弁理士や特許事務所に委託依頼を出した方が効率的でしょうね。

弁理士が委託でやってくれること

商標登録には、出願する際に様々な手間や確認事項、そしてそれを元に判断する事がたくさんあります。
それを自分ひとりで調べると時間がとにかくかかるんですね。
弁理士にそういったことを委託依頼を出すと大変なことは大抵やってくれます。
具体的には、出願しようとする商標権が正当かの判断やその商標が既存の商標登録と類似性があって受理されるか否かという判断。
あとは、その調査を反映させた商標登録の出願書類の作成、そして、その商標を登録する際の分類などの判断といった専門家の知識があった方が迅速に済む物ばかりです。

弁理士が代行してくれる作業の意義

まず、商標登録を出願する際にそもそもそれが商標登録の対象になるかということを法的にチェックしなければなりません。
更に、その上で今度は商標登録しようとしているものがすでに登録されている物と似てないかということもチェックされるんですね。
更に、正式な手続きと書き方をした書類を作成するのですがこれがかなり大変で代行してもらうと大幅な手間の削減になります。
そして、分類に関しては商標登録の登録分類ですね、これも専門的知識がないと判断が難しいです。

代行してもらう意味

上記に上げた弁理士がサポートしてくれる役割ですが、これらは一つでも漏れがあれば商標登録の受理がされません。
なので、非常に大事なことなのだと理解しておきましょう。

関連する記事

次の記事: を読む ≫