商標登録を代行するメリットとデメリット

商標登録は、自分が事業や営業をして行く上で自分の権利や利益と言うものを守っていくのにとても必要なことです。
しかし、この商標登録を自分で一から十までやるには専門的な知識と時間が必要になるので、大抵の場合は弁理士や特許事務所に依頼して委託するのが最も効率的でスムースですね。

商標登録を委託することのメリット

まず、商標登録というのは個人で行う事もできるし、専門家に委託する事もできるのですがそれぞれのメリットを考えると圧倒的に委託した際のメリットの方が大きいんです。
まず、一番に挙げる事が出来るのが商標登録を行う際にかかる時間と労力を一気に削減する事が出来るからです。
商標登録は個人で行おうとすると方法を一から勉強し始めて知識を身に着けなければ個人でやっても受理されない事が殆どなので、何度もやり直しをさせられるという事を回避できるんですね。

商標登録を個人で行う事のメリット

はっきり言って殆ど無いです。
精々、特許事務所に委託する際の費用を節約することが出来る程度の事なのですが、特許事務所に委託することで得られる膨大なメリットの量から見ればまるでメリットとさえ言えない程度の物なんですね。
寧ろ、自分で勉強をすることの時間をその時間で自分が稼げるお金に換算したら特許事務所や弁理士に委託依頼をする費用なんか遥かに越える事は間違いありませんからね。

個人で出願するメリットが大きい場合

しかし、何がなんでも必ず委託の方が得というわけではありません。
例えば、事業主や経営者が自分で弁理士並の知識を持っていたり弁理士の資格を持っているような人であれば自分でやった方が手っ取り早く、お金も浮きますのでメリットがあるということもあります。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫