商標登録出願後のサポートも弁理士に委託しよう

商標登録は、自分が将来的に事業主や経営を続けていく上で自社、或いは自分の製品やロゴ、記号など様々な点での信頼性を守っていくというためには欠かせない物です。
そして、その商標登録をする際のあまりに大変な手間や作業を代行してくれるのが、特許事務所や弁理士なんですね。

弁理士がサポートしてくれるのは商標登録出願後の事も

弁理士は、商標登録をする際の確認作業や判断、それから書類作成などの一番たいへんな部分を代行してくれます。
しかし、それだけではなく商標登録というのは出願が終わった後でも色々とやらなければいけない事が多いのですが、その際のサポートもしてくれるんですね。
特に、出願してから商標登録を受理することができなかった場合などの対応に関してもサポートして貰えるので、そのあたりも非常に助かるのです。

弁理士がサポートしてくれる出願後の内容

例えば、特許庁に出願した後商標登録が拒否された場合も弁理士がどの当たりに問題があっただとか、意見書や補正書と言った再度登録するための改善手段も手伝ってくれます。
ほかに、商標登録をした際に別の人が自分の商標に類似したものを商標登録した際に、異議申し立てを行うという場合も弁理士がサポートしてくれるんですね。
その、異議申し立て中の手続きはもちろん、逆に自分が異議申し立てられをされた時の対応もサポートしてもらえます。
また、商標登録には有効期間がありますので更新登録の申請のさいにもサポートをしてもらえるんです。

商標登録の全てをサポート

商標登録というのは出願するまでも大変なのですが出願した後もまた結構な手間や作業があるんですね。
その際もやはり弁理士に代行してもらうとかなり手間が減ります。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む