商標登録を代行する際の費用

商標登録をする際に、より手続きをスムーズにするためには個人で行うよりも特許事務所や弁理士を通して代行した方が圧倒的に早く手間も時間もかかりません。
しかし、気になるのはやっぱりそういった代行は一体どのくらいの費用がかかるか、ということですね。

商標登録の代行手数料

まず、商標登録を代行する場合は商標登録をする際の特許庁への印紙代に加え特許事務所や便利へ支払う手数料がかかってきます。
この手数料、というのは元々は特許事務標準額表というものを基準に報酬が設定される定価制になっていました。
しかし、弁理士法の改定後は特許事務所で報酬額を設定する事が出来るようになっており、現在は特許事務所によってかかってくる費用が全然違うんですね。
なので、代行をお願いする時はどこの事務所にお願いするかを選ぶことも大事です。

大体どのくらいかかるのか

これに関しては事務所によるとしか言えません。
しかも、この代行手数料というのは商標の調査、出願の代行費用、中間対応費用、その後の拒絶査定不服審判費用、そして登録費用更にその後の更新費用という物もかかってきます。
これらの内約は事務所によっても高い安いは価格の変動が大きいです。
だいたい平均して全部の費用を計算するとだいたい55万円と言ったところでしょうか。
決して安くはないですがそこにかかる手間などを考えればそれほど高い、というほどではないでしょう。

費用の賢い使い方

あくまで、この費用額は平均でありなおかつ全部の代行依頼をした際の額です。
なので、例えば必要なところだけ代行をお願いしたりだとかより平均値よりも安値で請け負ってくれる事務所を選ぶという事でより費用を安くする事は出来ます。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫