カードローンの総量規制とは?

カードローンの借入限度額は、審査によって決定されます。
借入限度額いっぱいまで利用した場合でも、返済に支障のない能力を備えていることを審査により判断します。
希望した借入限度額で契約できるかどうかは、すべて審査内容により左右されます。

 

審査で一番大きな要素は、申込者の「収入」です。
特に、借入限度額を決めるのに、申込者の「年収」によりその限度額を制限する法律まで存在しています。
それが、2010年6月に施行された改正貸金業法の「総量規制」といわれるものです。
「総量規制」の概要は以下の通りです。

 

・貸金業者の無担保ローン借入合計額が、年収の3分の1以下になるように借入額の上限を設ける。
・貸金業者1社から50万円超の借入を行う場合には、収入を証明する書類の提出が求められる。
・全貸金業者からの借入額の合計が100万円を越える場合には、収入を証明する書類の提出が求められる。

 

例えば、年収600万円のAさんの場合を見てみましょう。
Aさんが既に、以下のカードローンを利用していたとします。

 

・B社:借入残高50万円(借入限度額100万円)
・C社:借入残高20万円(借入限度額50万円)

 

Aさんは、総量規制の制度下においては、年収の3分の1にあたる200万円が、借入上限額となります。
そこで、新たにAさんが利用できるカードローンの金額は、以下となります。

 

200万円ー(100万円+50万円)=50万円

 

総量規制の制度下では、あくまで借入限度額で判断することに注意が必要です。
仮に利用していない(借入残高が0)のカードローンが残っていたとしても、その借入限度額の金額は含んで計算されますので注意しましょう。

カードローン借入限度額の変更

カードローンを申込むと、審査によって借りることのできる借入限度額が決定されます。
その結果に納得して契約を行うことで、カードローンが利用できます。
しかし契約時に決められた借入限度額は、利用している途中でも変更されることがあります。
借入限度額の変更には、「増額」と「減額」があります。

 

まず「増額」は、利用できる金額が増えることになります。
カードローン会社は、常に利用者の信用状況を確認していおり、問題ない方に対しては限度額の増額を提案することもあります。
問題ない方には、たくさん借りてもらおうということです。
この場合には、カードローン会社で一定の審査が完了していますので、同意すればすぐに増額を行うことができます。

 

利用者側から、今の限度額では不足するので、増額を希望する場合もあるでしょう。
この場合には、カードローン会社に申し出て、再度審査に合格する必要があります。
収入状況などの他、これまでの確実な利用実績も求められます。
なお、商品そのものに増額を認めていないものもありますので、増額を希望される方は、担当者に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

「減額」は、通常はカードローン会社から強制的に行われます。
ここでも、利用者の信用状況が大きな意味合いを持ちます。
収入が大幅に減少したり、返済に不確実な要素が現れると、減額の手続きが行われます。
減額になると、当然利用できる金額が減ることになりますので、できればこのようなことは起きないようにしたいものです。

 

なお、「減額」を希望すれば、借入残高の範囲内であればすぐに手続きをとってもらえます。
ただし、一度減額してしまうと再度元の借入限度額に戻すことはまずできませんので注意しましょう。